FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2015-08.16 Sun淫らな魔法使いと救性主

Time[21:11] Comment[0] Trackback[0]
 「お嬢様はカタイのがお好き!」以来、良い作品に出会えない。。。


 下ネタどころか、わずかな淫語(セックスって淫語か?)ですら、卒倒しそうなほどショックを受ける現代の淫魔族という面白い設定に、エロゲーらしい軽いテンポで進んでいくプロローグは楽しい。 主人公の気に当てられて、所構わず発情してオナり始める女の子たちは、ヒロイン・モブ問わずエロい。

 が、散々エロを期待させる作りにしておきながら、肝心の調教パートに至ると、途端に駄ゲーであった。 これをSLGと称するのは無謀というものじゃないか。

 調教メニューを選ぶには調教カードが必要で、これはクエストをこなすことで手に入る。 そのクエストはどんなものだろうか。 ダンジョン探索、カードバトル、パズルゲーム、色々なものを想像するところだが、なんとクエスト選択すると戦ってる風にテキストが進んでそのまま勝って終わる。 ゲーム的な操作はおろか選択肢すらない。

 そして、カードを入手していざ調教といきたいところだが、ここでさらに充実した調教をするにはアイテムが必要となる。 これも、クエストで手に入れるか、クエストで稼いだ金でショップで買うことになる。 アイテムがないと、調教を始めても特に何もせずに終わる。

 調教SLGといえば、SELENの「DEEP」や「犠妹」が良作で、色々なHメニューを選択してステータスのバランスを取って、新たな調教メニューを開いたり、シナリオを分岐させたりするものだったが、本作は、Hに至るまでの部分に手間がかかる仕様になっていて、これはエロゲーとして致命的に面白くない。
 いや、ソフトハウスキャラとかエウシュリーみたいに、ちゃんとしたゲームになっていればいいよ。 でもこれ、ひたすらクエスト選ぶだけでゲーム性皆無じゃん。

 
 そして、ただでさえ致命的なゲームシステムに加えて、さらにクソゲーと化している理由がある。 調教Hがメインの作品なのに、回想モードで調教シーンを見ることができない。 ありえねぇ。 プレイ中に自分でセーブデータを作っておかないといけないことになるが、これもロード画面の情報が少なすぎて(現在のルートと、セーブ時間のみ)、後から探すのに苦労する。


 なぜ、こんなことになってしまったんだろう。 意味のない手間をかけさせるくらいなら、エッチシーンを順番に見ていくだけの方がよほど良かった。 製作者の年齢層は知らんが、これでゲーム性があると思った奴が一人でもいたとしたらちょっとおかしい。 

 題材は期待させるものだっただけに、残念な結果であった。
スポンサーサイト