FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2015-07.12 Sunすとれい★すくーる -Stray School-

Time[20:55] Comment[0] Trackback[0]
 ちょっと気を利かせて邦訳すれば、ずばり「漂流教室」である。 こじつけじゃなくて、展開も序盤はそのまんまだ。


 地震のような揺れの後、気付けば学校は砂漠の真ん中。 謎の生物、食料、飲み水の危機云々……子供の頃だけど、読んでて良かったかどうかは分からない。 知らない方が先が読めない。

 違いといえば、本家が平日の学校、つまり多くの生徒、教師が異世界に飛ばされるのに対して、こちらは主人公と4人のヒロインという少人数ということ。 そして、ホラーじゃなくてエロゲーというところだ。 誰もいないサバイバル世界に男1人と女が4人、おあつらえ向きである。

 作るところが作れば、男女合わせて10人前後はいて、険悪な人間関係、責任の押し付け合い、主導権の奪い合いといったいざこざが散発して、世界の厳しさではなく人間同士が足を引っ張り合って、ついには人が死に始める(殺し、殺される)というショボい展開が見え見えな設定だ。
 しかし、この作品は割とぬるい。 事件を引き起こしたのはヒロインの1人摩耶なのだが、休みの日に頼まれもしないのにオカ研の実験に顔を出そうとした自分たちが悪いと、誰も摩耶を責めたりしない。 それに、5人中4人はオカ研だから基本的に仲も良い。

 突然の出来事に原因となった人間を攻撃するのは当然の行動だが、生産性がない上に、そこが解決すると物語が終わってしまうという意味で解決不能なことを問題視していると、間違いなく話が繰り言になるから、ここは物分かりがいいというか、責任の押し付け合いをするようなキャラがいないのは正解だろう。

 そして、みんなで協力してやっていくことになり、常識外のことが起こり、なんとか対処しながらサバイバルをして、という展開になれば良かったのだけれど、まずいことに本作は温すぎた。 いくらなんでも上手くいきすぎだ。

 砂漠の真ん中に、あるのは学校だけ、いるのは5人だけという、過酷(なはずの)状況になったのに、早々に安定した生活を送れてしまうのでサバイバル要素はほぼない。 そりゃ、謎生物に殺されたり、汚染された水を飲んでコレラや赤痢に感染したりというのは、女の子に経験させるにはエグすぎるが、それにしても平穏だ。

 もうちょっと苦労をしながら、生活を維持するというのはやってほしかった。 そういうのがないと、合宿やキャンプと何ら変わらなくて、面白みがない。

 そこから先は、その気があれば自分でプレイしてみればいいが、伏線もなしに急な展開があるし、ヒロインと上手くいけば全部解決みたいなのは、風呂敷の畳み方が大雑把すぎる。 要するに、あまり面白くない。


 エロ的にもいまいちだった。 極限状況だからこそ男と女でやることは1つになるのだが、割と落ち着いた生活なので、切羽詰まった感じがなくて、普通に好きだの嫌いだのやっている。 日常生活で人間関係に軋轢がないのは結構なことだが、それにしても普通過ぎる。 世界に男はたった一人、そしてエロゲーなのだから、セックスに関してはもっとギスギスしても良かった。 いや、無理に険悪になることはないけれど、少なくとも取り合いくらいはしてほしいところだ。

 基本的には全員とセックスして、個別ルートは誰がストーリーのメインを張るかであって、誰と恋人になるかというような話とは切り離したほうが良かったと思う。


 この作品よりも「漂流教室」を買った方がいいんじゃないかな。 あれはサバイバルホラーだし、エロくないけど、面白さは間違いなく上だから。


スポンサーサイト