FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2015-06.07 Sunな妹き!

Time[20:31] Comment[0] Trackback[0]
 脳内彼女4年半ぶりの妹ものということで、いやがおうにも期待は高まるというもの。 そして、期待とは好きなように膨らませられるだけに、応えてくれる作品というのはほとんどない。


 出だしこそ、3人の妹に対して家で全く立場のない兄が不遇を被るという、脳内彼女の主人公ぶりを発揮してくれるが、本作の妹はかなりあっさりデレる。 というか、長女愛鳥はクールで考えが読めないように見えて兄を気遣っているのが分かるし、次女の優羽はキツいけれど一人になるとお兄ちゃん大好きの本音垂れ流してるし、三女の陽菜は普通に可愛い。

 ど、どうしたんだ、これは!? 脳内彼女にしてはあまりのチョロインぶりじゃないか! いや、私としてもこれくらいの方が良くて、至上主義とか原理主義の妹たちを相手にしてると、心がボキボキに折れまくるんだけど、そうはいってもこちらも覚悟してプレイしているわけだから。

 というのも、妹の正確が大人しいと、落差が小さくなる。 私の感じ方だけじゃなくて、シナリオを書いている方でもそうなんじゃないかと思うのだけど、日常が優しいと、Hシーンがエロくない。

 台詞は相変わらずいい。 手コキされてるときでも、台詞を聞いてるだけでキュンキュンする。 男の娘が言ってるのを聞いてもチンコが涙するようなことを、妹が言うんだからそりゃそうだ。 だが、今一歩がない。

 比べる相手が 「絶対★妹原理主義!!」 の瑞だから良くないのかもしれない。 あのヒロインは私のエロゲー史上でも屈指の可愛さ、エロさだからな。 しかし、同じメーカーでライターも同じはずなので、比べていかんことはないだろう。


 考えてみると、フルプライスとミドルプライスという差もあるのかもしれない。 瑞の妹マンコは、想いを確かめれば簡単に恋人マンコになったけれど、これをお嫁さんマンコにするのは(主人公が)かなり苦労したわけで、そういうシナリオ上の紆余曲折も1つのスパイスだろう。
 もっとも、いま見てもエロさトップクラスなので、やっぱり出来も違うのだが。


 「絶対★妹原理主義!!」 の話になってしまったが、簡単にいえば、原理主義を大衆向けに色々緩くしたのが「な妹き!!」 といえよう。 昔からのファンには物足りないが、本作をプレイして気に入ったなら、原理主義にチャレンジしてみるといい。 少なくとも、瑞は絶対にいい。
 ただし、陽菜がファンをしているアイドル建部奏の少女時代の話でもあるのだが、この奏とその下の茜音は、陽菜と同じくらいの年齢ではあるものの、本当にSとドSで、兄である主人公はめちゃくちゃに甚振られる。 まあ、これが脳内彼女だよね。
スポンサーサイト