FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2014-11.08 Sat天精国取りセックス合戦!!

Time[23:21] Comment[0] Trackback[0]
 あまりにも期待ハズレで文句を言うよりやさぐれてしまいそう。 主人公ダメ、ギャグだめ、シナリオだめでエロもだめ。

 ここの作品はおバカなノリが好きなんですよ。 Hシーンも手軽にポンポン出てきてテンポのいいエロゲーだ。 私はSQUEEZやMay-Be Softと同じ方向性だと思っている。 が、肝心の内容は及ばないようだ。

 まあ、 "セックス合戦" といいながら、キャラ紹介見ただけで登場ヒロイン8人中4人が明確な主人公派、逆に敵対しているのは2人だけという時点で察するべきなのかもしれない。 それでも、マップ画面でキャラアイコンを選んでイベントをこなしていくシナリオ進行になったので、炎の孕ませシリーズのような総当りタイプだと思ったのだが。

 実際、それで何も問題ない。 プロローグ終了時点でメイン5人は開通済み、主人公はセックス勝負に勝って全員嫁にすると宣言しているのだから、イベントをすべてこなせば負けを認めさせて心身ともに深い仲になる、これを全員に繰り返して1つだけのエンディング、それでいい。
 個別エンドを作りたいなら、それぞれにエピローグを用意するか、最後に選択肢を置けば済む。 この作品はね、パッと見で個別ルートに期待するような内容じゃないし、設定でもないよ。

 でもそうなってない。 作る方もプレイする方も楽だからWin-Winだと思うんだけどな。

 さて、それでは失望した点を1つ1つ順番に挙げていこう。

1.主人公

 どこからどうみてもバカエロゲーなのに、真面目過ぎる。 いや、真面目なら真面目でツッコミ役という手もあるからそれだけで悪いわけじゃないが、プラスするところ異常性欲ですぐ我を失うから始末に悪い。

 女体に誘惑される → 本能の赴くままにセックス → 賢者モードで反省

 これの繰り返しだが、おかげでHシーンが終わる度に白ける。 「この体質を何とかしたいんだよ~!」 ということが主眼ならそれでも良いかもしれないが、本作はそうではない。 エロがメインの作品で良識に従ってセックスを躊躇されては困る。 おかげで、観月に勝負を挑まれてからセックス合戦が開始されるまでの展開が最悪に面白くない上に無茶苦茶だ。


2.Hシーンがショボい。

 一番最初の観月を犯すシーンは良かった。 処女膜を貫かれ、中出しされ、ようやく終わったと思ったところへ抜かずの2回戦、イってもイっても終わらず何度も精液を注ぎ込まれる観月の姿は、期待を嫌が応にも高めた。 が、それだけだった。
 「十数年溜まりに溜まった性欲を吐き出したから」 か、以降のセックスは普通である。 セックスバトルなのだから、お互いにイカせあってナンボのはずなのに、パイズリやフェラで一発抜いたら終わり、本番やっても1回射精したら終わり、こんなシーンばかりになる。
 フェラや手コキで搾り取ろうというのはいいけれど、搾り切れなかった段階で (切ったら主人公の敗北なのでそういう展開はない) 攻守交代、精液でデロデロになったヒロインを組み敷いて気絶するまで中出ししてこそ、絶倫主人公の面目躍如だろう。

 さらに、せっかく尺の長いシーンがあってもCGが2枚以上あると、回想でCG毎に別シーンとして登録されてしまう。 エロゲー作ってるのにHシーンの回想が何のためにあるか分かってないのか。 抜くためだろ! 百歩譲って1シーンを2分割して途中から始まる回想があるのはいいけれど、最初から始まる方は途中で止めずに最後まで流してよ。


3.個別ルートがある。

 日本を支配して全員嫁にするとか言っておきながら、同じキャラを3回選択するだけで個別ルートに突入して、あとは特定ヒロインとセックスしてるだけになるんですけど。 それでもバカップルがイチャイチャしてるだけならまだしも、なんか無意味に真面目なシナリオが始まるのは何なんだ。
 
 そして、ハーレムルートどころか3Pすらなかった。

 5人の女の子とセックスしといて、今更個別ルートやらシリアス展開って誰が求めてると思ったのか是非聞きたい。 いや、メーカーの初作品というわけじゃないのだから、きっと今までのユーザーアンケートで 「もっと真面目なシナリオにしてください」 とか 「複数のヒロインと関係を持ったとしても、最後は1人に絞るべきです」 という声が圧倒的だったんだろう。 ユーザーの要望なら仕方ない。

 が、15年以上にわたって1200本以上のエロゲーをプレイしたきた私としては、そんなエロゲーマーもいていいけれど、それが多数派だとは思えませんが。


4.胡桃、愛未、美鈴がサブヒロインなんだけど。。。

 普通にびっくり。


 突き抜けられないバカゲーほど惨めなものはない。
スポンサーサイト