FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2014-07.04 Friちっちゃらぶアパート

Time[23:07] Comment[0] Trackback[0]
 率直な所、いい歳した男がJSと仲良くなって大喜び、「ばっちり仲を深めてやるぜ!」とか言ってのは、どん引きする。 

 しかもさぁ、恋人はおろか友達もいないとか、人としてダメすぎでしょう。


 まあ、私には言われる筋合いは無いだろうけど。 LOやJuicy、少女式を好きこのんで読んでるし、恋人もいない。 子供に好かれるだけ、この主人公の方がいいのかもしれない。 でも、そう、まさにそこだ。 こいつは主人公なんだ。 クジラックスの漫画みたいに、「小学生レイプしてーーー!!!」と叫んで、友達(彼にも友達いるんだよなぁ)と小学生レイプドライブをするようなゲームであれば、そういう主人公もいいだろうが、普通に女の子愛でるゲームですよ。

 要は下心あり過ぎ。 エロゲーに何言ってんだって思うかもしれないけど、相手は少女なんだぜ? そんな下卑た気持ちで近付いちゃいけないと思う。 いや、違うな。 そういう本心を隠して近付こうというのが嫌らしいんだ。

 クロシェットみたいに、「おっぱい好きだから巨乳はガン見するね!」とという主旨のことを明言したり、炎の孕ませシリーズで、当たり前のようにヒロインのおっぱい揉んだりセクハラし放題というのは、ありだ。 こっちの方がよほど酷いけど、相手にちゃんと断わってやってるので、後ろめたさがない。
 別にリアリティを求めているわけじゃない。 主人公のエロ魂に触れたヒロインが、オッケー出してくれるなら、挨拶代わりに乳揉もうが、パンツ見ようが何も問題ない。


 小うるさいことはこの辺にしよう。 しかし、最初に助平心を開陳してくれたおかげで、その後の女の子との触れ合いは、素直に楽しむことが出来なかった。 なんか手管というか、下心でやってんのかなぁと思うとね。

 エロの方は、ゲームに入り込んでいれば丁寧な描写といえそうだが、そうでなければ冗長でまどろっこしい。 3Pとかハーレムはなくて、そういうところだけは誠実なんだな。 あまり実用的ではないと思う。
 このゲームで唯一評価できるのは、「覗き見実況アペンドディスク」だ。 これは、作中のHシーンを、他のヒロインが覗いていたという設定で、第三者視点で描いたものなのだが、これはなかなかエロかった。 ヒロイン視点というのはたまに見かけるが、第三者視点というのは新しい。

 もっとも、覗いているのは他のヒロインなのに、そのことが本編に全く影響しないと思うと、かえって残念な気もする。 アペンドだから当然だというシステム的な話ではなくて、こういう場合は、嫉妬するとか羨ましく思うとか、そういうリアクションがシナリオに反映されてほしいじゃない。 むしろ、それが自然だよね。
 Hするのは個別ルートに入ってからで、その時点で決着はついてるといえばそうなんだけど、そうじゃない展開でも良かったんじゃないの? って話。

 ここは大人しく、「お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!」の発売を待つをするよ。
スポンサーサイト