FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2014-03.09 Sun恋式マニュアル

Time[23:43] Comment[0] Trackback[0]
 ハーレムルートがあるということを知ったので、そこだけはやることにした。


 共通ルートはリア充になるための授業(補習)で、これはラブまではいかないコメディタッチのシーンなのだが、と主人公たちの“やらされている”感が強くて乗り切れない。 大体、講師は変態だしな。 私自身はオカマを否定はしないけど、一般的に好感を持たれるような「リア充」なら、心と身体の性別は合ってないとダメだと思う。

 ハーレムルートはちゃんと共通から分岐するものなので、全員を恋人にするくだりが描かれていて、そういう点では先日プレイした「イノセントガール」のものより良い。 が、せっかくのハーレムなのにストーリーは短いし、エッチも適当だ。 全員と付き合うといっても“は・じ・め・て”は1対1でとか、みんなの前で1人ずつ破瓜を迎えて、痛みに耐える子の手を他の子がぎゅっと握ってあげるとか、そういうならではの演出はなかった。
 やはり、ハーレムルートはおまけに過ぎないのか。

 いまいち意図が分からないのは、ハーレム以外に4人のメインヒロインのうち2人と付き合うルートをが2つ用意したことだ。 夏森と愛希、柏木先輩とあまね(か穂花)、忍と姫乃というサブとメインの組み合わせるなら分かるが、メイン2人というのは中途半端である。 残った2人は何なんだ。
 ここに回したリソースを投入すればハーレムルートはもっと良くなるし、もしくは、非攻略キャラである夏森と柏木先輩に濡れ場を用意するだけでも、今より良い評価を得られるだろうに。


 エッチシーンはあっさり目で、エロゲーとしては評価すべき点はなかった。 3Pで人数増えてもエロくなるわけじゃない。


 非リア充に恋愛の手ほどきをするというコンセプトのタイトルとしては、「恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!」というのがあったけれど、あっちの方がずっと良い。 引き篭もりのニート主人公に社会復帰を促すストーリーで、恋愛指南に妥協もギャグも押し付けがましさもない真摯な姿勢は好感が持てる。
 一方こちらの主人公やヒロインは勉強家やスポーツ特待生という一般的な学生としては模範的な人たちなで、露骨な価値観の押し付けをされる謂れは全くないから嫌悪感を持ってしまう。

 ルルミは真面目すぎて面白みがないという面もあったが、“リア充偏差値”なんぞで落ちこぼれ扱いされた挙句に恋愛至上主義に攻めまくられても笑えない程度に私は非リアなんで、好き嫌いは言うまでもない。


 といっても僻みというわけでもない。 というか、今更エロゲーの登場人物を僻むほどのライトユーザーじゃない。 私の高校時代は勉強に打ち込んではいなかったけれど、ゲームとアニメと小説(今でいうラノベ)で楽しい毎日だったので、高校で恋愛してなきゃおかしいという価値観に全く共感できないというのが根っこだろう。 もっとも、色恋には全く興味がなかった(あってもどうにかなったとは思わない)つもりだが、ひょっとしたら無意識に思うところがあるのかもしれない。

 
 昨日も書いたように、“リア充試験”に落第して補習を受けるという設定はプレイ前から分かっていたことだから不満はないが、シナリオ上の扱いが私の価値観とあまりに合わなかった。

 もっとも、ここが気にならなかったとしても、何がいいということもない内容だと思う。 恋式マニュアルの講師は柏木先輩がやるくらいの方が良かったかもしれない。 エキセントリックなオカマの授業は面白くない。
 CGも大したことない。 なんでこんなに色気がないの。 ハーレムルートのトリプルフェラとかCGある方が萎えるレベルだよ。

スポンサーサイト