FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2013-07.17 WedBerry`s

Time[20:51] Comment[0] Trackback[0]
 ウェイトレスの制服を3種類の中から選べて、主人公は夏休みを前にして可愛い女の子ばかりのファミレスでアルバイト...Piaキャロすぎる。

 多過ぎる原画家は有名どころばかりだけど、絵にしろ文にしろ、複数人使っているゲームはそれだけで地雷臭がぷんぷんする。 経験上、2人くらいなら許容範囲だけど、増えれば増えるほどダメだ。 シナリオは摺り合わせをし切れなくなってくるし、原画も絵柄の違いはバカにならない。 有名どころを使う場合は、CG頼みでシナリオが破綻してることも多々あるしね。
 そういうのがなくてもSphereって往年の戯画並みなんじゃないかと思う。 このゲームはやはり往年のF&Cみたいだし。 落ち目で原画頼みだった頃のね。

 女の子が11人も出てくる豪華仕様でありながら、攻略可能キャラは6人という、これぞ羊頭狗肉の見本ともいうべき酷い現実。 しかも、攻略ヒロインじゃないとCGの1枚もない。 一体何の為にいるんだろうか。 コンシューマー移植時に追加するの?
 私は実妹大好きだが、それでも実妹がヒロインでバイト仲間がヒロインじゃないというのは理解できない。 双子が攻略可能なのにルートは別々というのも分からん。 インセストがOKで姉妹丼NGっていうのは、他のゲームでもよくあるけど、これも理解の範疇でない。
 少なくとも、若葉と綾はいかにもヒロインってキャラだけどなぁ。

 こういう設定なら、ゲームシステムは毎週予定を決めて目当ての女の子とシフトを重ねるとか、店のマップ画面でヒロインを選んでイベント起こすというのが定番だが、このゲームはひたすら選択肢だ。
 登場人物のシフトはユーザーには全然分からないので、ヒロインとは偶然会えただけのように見えてくる。 会いたくても会えないし、会いたくなくても会わなければならず(そんな嫌キャラはいないけど)、何となく出てくる選択肢を選ぶだけというのは、手間はかからないけど淡々としていて面白みがない。
 この方式で登場人物が男含めて14人、しかも攻略キャラは6人だけとなると、冗長に過ぎる。

 こういうバイト系の有名作品では、Piaキャロやミルキーウェイがあるよね。 ファミレスを舞台にした一般作品もあるし、どういう構成がバランスいいとか面白いというのは、ちゃんと検討して妥当な結論を出せると思うのだけど、そういう事は考えなかったみたいだ。 何か、他に優先したいことがあったんだね。 多分、成功してないけど。

 まあ「倉野くんちのふたご事情」を、素材から考えられる限り最低の料理にした時点で、何ら期待できないメーカーという地位を不動のものにしたと思っているので、そこから考えれば、毒にも薬にもならない可もなく不可もない作品を作っただけで十分なのかもしれない。
 
スポンサーサイト