FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2011-12.29 Thu恋愛0キロメートル

Time[23:08] Comment[0] Trackback[0]
 乃来亜の顔芸は噂に違わずすごかった。美少女ゲームのヒロインにあるまじき表情。というか、ヒロイン全員が笑いに貪欲過ぎる。それぞれキャラ違うのに、それを超越して常にボケとツッコミのタイミングを計っている姿勢が共通しているというのは、ぶっ飛びすぎ。プレイしてても、女の子というよりも芸人という認識が先にくる。
 女ばかりの家族(母と4姉妹)に放り込まれた主人公という設定なのに、これほど羨ましくないと思わせるゲームが未だかつてあっただろうか。

 共通ルートはひたすらコント。ヒロインやサブキャラがボケて主人公がツッコむことの繰り返し。これを、不思議ちゃんとか天然娘がやるんじゃなくて、前述のように分かっててネタ振りしてくるところが普通じゃない。そして、5人姉妹の個別ルートに入ると、なるほど色々言われてるだけあるなぁ。ノリがかなり違う。

 マヨ姉、乃来亜、華は比較的真面目な展開になる。といっても、基本的にはコメディだが、ひたすら笑いを取りにいく姿勢は一応なくなる。ある意味穏便ルート。
 双子ルートがメインルートになるが、実咲の方はどちらかというと他の3姉妹に近い。問題は、咲耶ルート。徹頭徹尾ギャグ。勿論、シリアスなシーンはちゃんとあるが、途中で誰かがボケるか最後にオチがつくので、真面目に見入る場面はほぼない。ああ、そういや咲耶って素でシリアスできないキャラかもしれない。

 全クリする気があるなら、双子以外の3姉妹をやってから実咲→咲耶の順でやるべき。手っ取り早くというなら咲耶だけで真髄は見られる。
 エロゲー的な意味でのハーレムルートは存在しないが、5人のヒロインが実姉妹である以上、姉妹丼は欲しい。特に双子には必須Hといえる。もうこれはFD期待するしかねぇ! 頼む。


 蛇足だが、主人公の部屋で寝起きすることになった咲耶が、主人公の布団をクンクンして「たまらんッ」(原文まま)といって転げまわってるシーンがいい。ついでに、それで毎晩オナニーして疲れて寝てしまうために赤点取って冬休み補習というのが、またバカでいい。
 双子の妹である実咲の方は、洗濯物を干すときに主人公のパンツ掴んで慌てていたが、双子姉妹であることを考えると、洗濯物を自室に持ち込んで同じようなことしてそう。いや、そういう描写は全くないんですがね。姉妹一大人しくて控え目と思わせといて、実は一番アグレッシブなくらいだから。

 まじでFD出ないかな。今のところ「ラブラブル」はハーレムルートないみたいだから、あとは「カミカゼ☆エクスプローラー」、「Strawberry Nauts」、「恋愛0キロメートル」にそれを期待している。が、根本的にFD出そうなのは、スズノネSLCを出したクロシェットだけか。まあ、あれハーレムルートないんだけどね。でも、カミカゼなら、カミカゼなら何とかしてくれる。だって、ジョーカーのセカンド発動が残っているし、ヒロイン同士がお互いの恋心について腹割って話してるし。
 期待するだけならロハだ、と言いたいところだけど、期待すればするほど、現実を目の当たりにしたとき支払う代償は高くなるんだよなぁ。
スポンサーサイト