FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2016-01.31 Sunエロ漫画大王~1月下旬~

Time[21:44] Comment[0] Trackback[0]
LO 3月号

雪雨こん 「まんがでわかる精飲勉強法」

 オナニーし過ぎてもバカになることはないと思うけど、気持ちよくなることしか考えられなくなるというのはあるかもしれない。

 家庭教師が女の子を唆してセックスするのは何となく嫌なので、何もしなくても自分でエロくなっていってくれる女の子はいい。 お股から水音させながら、「オナニー止められない! 助けて!」と懇願してくる姿は可愛い。 これ、もう10歳上の女が言ったらキチ○イだと思うね。

Noise 「自由で気ままな俺の妹」


 兄妹の良さというか、少女との関係のあり方というか。 セックスが性的なことじゃなくて、スキンシップの延長に過ぎない関係ってすごく好き。 頭をなでたり、じゃれついてくるところをくすぐって撃退したりする感じで、エッチもする。

 一般的にいって、小学生とお風呂入ったり、一緒の布団で寝ることに性的な要素って一切ないでしょ。 矛盾するようだけど、そういう感じでセックスもしたいものだね。

三月さんいち 「おん・ろり・あたっく」

 生意気とも違う、どこか飄々とした女の子に、歳相応のエロい表情させる(どこが歳相応なんだ)楽しさを味わおう。

 セックスは、少なくとも見る分には、男がイくより女の子がイく事のほうがずっと大事だと教えてくれる。


真激 3月号

太平天極 「おいでよ♥Bitch`s island」

 人口8万、その99%が女性のビッチズ島に行った男の話。 『おいでよ♥』とウェルカムな言い方してるが、男は当選確率1億分の1の入国許可証がないと入れないんだぜ(ジャンボ宝くじの一等当選確率は1千万分の1)。

 どう考えてもアレな環境なのに、主人公が物見遊山程度の認識なのが良い。 入国早々、入管で精液搾り取られてるのに、町で声をかけられたら逆ナンラッキーくらいの気持ちで着いてって、逆レイプされる受け身ぶりは大事だ。 Mってことじゃないよ。

堀博昭 「いもうとぱこぱこぱこぱこぱこぱこぱこでいず」

 前作では兄に一切台詞がなくて、その分妹が説明的口調で喋りまくってたのが不満だったけど、今回はそういう演出がないので普通に読める。 控え目おっぱいの小柄な女の子なのに、エロ自体は変わらないのが素晴らしい。

 欲を言えば、両親不在の1週間をひたすらセックスして過ごすという状況を、読み切りにしているので途中がちょっと駆け足になっているのが残念。 1話で1日とは言わないけれど(でも、単行本1冊が丸々妹との1週間っていいじゃないか)、2,3話使ってくれるといいな。

隈太郎 「クリトリートメントガール」

 女性には3つの穴があるといいますが、私は3つの突起に興味がありますね。 両乳首とクリの3点責めは良いものだ。

 一応チンコも突っ込むけれど、ほとんど蛇足なほど申し訳程度のもので、タイトルに偽りなくクリをくりくりしている。 いっそのことマ○コの存在なんて忘れても良かったんじゃないのって思うんだけど。


X-EROS #39

のりんこ 「あかるい格差恋愛」

 建設会社の現場作業員であろう男と、お嬢様学校に通う真正お嬢様が愛を育むのだが、それぞれの世界は断片的に描かれるだけで本当のところはよく分からない。 出会いも何もわからない。 

 ただ、男の住んでる安アパートでヒロインが家事をしたり、エッチをしたりするところだけが現実で、あとは回想どころか幻想なんじゃないかというくらいにふんわりしている。 最後まで分かったような分からないような話だったけど、年下の少女が持つ包容力と癒しは存分に伝わってきた。

しっかり者のタカシくん 「メンマんめぇ~」

 最初はね、PNじゃなくてタイトルだと思ったんですよ。 女の子二人がメンマ食べてるだけで、タカシくんどこにいるんだろうって思いましたよ。 そうこうしているうちに、メンマを作り始めて、「幸腹グラフィティ」ばりの料理完成シーンが出てきて、なんやかんやで終わり。

 ああ、メンマ作り終わっても、まだエロ漫画じゃないって気付かなかったね。 だって、X-EROSにはめる子があるじゃん。 掲載順真ん中辺りに一般作品があるとは思わないよ。


阿吽 3月号

 久しぶりに杜拓哉を見た。 アンケートハガキによると、2年ぶりの登場ということだ。 目を見張るようなエロを描く人ではないが、なんか好きなんだよなぁ。 でっちんとか良い作品だよ。


快楽天 3月号

八尋ぽち 「パイフレンド」

 おっぱい大好き男に、おっぱい揉ませてくれるヒロイン。 揉むのは彼女のおっぱいだけにするという話なのだけど、1ページ目から他の女の子のおっぱい揉んでるように見えるんだよね。 あれは舐めるために手を添えてるだけということなのだろうか。

もず 「シークレット・バス」

 女子高生満載の通学バスで、教え子にチンコ扱かれてあっぷあっぷ。 バレたら(社会的に)死ぬという中でのご乱交も結構だが、せっかくのシチュエーションなので、興味津々な目に囲まれるというのも捨て難い。


高 #7

 季刊から隔月になったというのに、『原稿が足りません』という広告を載せるのはどうなのよ。 裏表紙にまさかのJKおじさん登場という攻めすぎな姿勢には敬服する。

 しかしね、こうパラパラとめくって読んでいると、ホクロのあるヒロインが結構いて萎える。 ちょくちょく言ってるけど、私は顔にホクロのある容姿は基本的に嫌いなんですよ。 楓さんとか矢野さんみたいに、長く続く作品の登場人物であれば、慣れて受け入れることもできるけど、エロ漫画は基本的に読み切りだからね。 パッと見でアウトだったら、たかだか2,30ページの間、ずっとアウトだよ。

 これは黒猫のせいだと思ってるんだけど、みんなそんなにああいう身体的特徴好きなのか。 単にアクセント加えたいっていう程度でやってるなら、やめてほしい。 あった方がいいという人はいるだろうけど、ないと困るとまでいう人よりあったら嫌だと思う人の方が多いと思うんだけど。

 
スポンサーサイト