FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2015-07.31 Friヤ・ク・ソ・ク☆ラブハーレム

Time[21:42] Comment[0] Trackback[0]
 誤解とか勘違いとか鈍感というレベルを超越した冒頭からのハーレムっぷりは、むしろもっと恥じらいを持ってほしいレベル。


 個別ルートしかないくせにハーレムを冠するクソゲーすらある中、ズバリタイトル通りの内容に、ハーレミストな私は喜びに打ち震えるのであった。 しかし、開幕早々全裸で添い寝はやめろ。 そして、裸エプロンで家事をするな。 全力すぎるヒロインたちに、むしろ引いてしまうほどである。

 これ、露骨に迫りすぎだと思うんだよね。 ユーザー視点というより主人公視点で。 鈍感というより、幼い頃から連綿と同年代の女の子の裸を見すぎて、鈍麻してるからこその淡白さだろう。 もちろん、ユーザーとしても、下着も見せずにいきなり乳とマ○コかよ、という不満がある。 女の子は、下着姿も可愛いやろが!

 慣れている主人公はともかく、ユーザビリティを考えてもうちょっと段階を踏んでくれるといいのだが、こいつらの日常は基本的におっぱいである。 隙あらば、主人公におっぱいを見せつけ、押し付けようとしてくる。 主人公限定の痴女だ、痴女。 なんでそんな子が3人もいるんだよ、羨ましい。

 そこに4人目が現れて物語は進んでいくわけだが、これまた会って早々ディープキスをして、寝るときは全裸という強敵だ。 さらに、みんな(主人公と妹、幼なじみ2人)でお風呂に入るという小さいころからの習慣に、果敢に参加する猛者である。 それでいて、ゲーム開始時点でヒロイン全員ファーストキスがまだとかミラクルだろ。

 両親を亡くした主人公(と妹)は、近所の人に助けられながらも、子供たちだけで銭湯を営んでいて、作中はその仕事に忙殺されていることがほとんど、時間があっても、前述のごとくヒロインが全裸で迫ってくるばかりで、あまり面白みはない。
 女の子たちは積極的に迫ってくる割に、意外と主人公の反応は気にしていて、機嫌を損ねたんじゃないかと思うと、急に弱気になって必死になるあたりは可愛い。 これもギャップ萌えというやつか。 

 基本的に個別ルートに入る作品だが、4人のヒロインから一番を決めるだけで、どのルートでも後の3人も一緒に初めてを経験して、しっかり愛人ポジションに収まるのがグッド。 フォーカスはメインの子に絞られるけど、その後のエッチにもちょくちょく参加してくるし、これこそがハーレムゲーのあるべき姿だろう。 こういうのは、「めちゃ婚」 シリーズ以来じゃないかな。

 そして、個別ルートがそれなのに、ちゃんとハーレムルートも用意してあるところがしっかりしている。 みんな同じくらい好きだという主人公に対して、お嫁さん、愛人、妹(まんまじゃん)、秘書(夜のサポート含む)というそれぞれのポジションをゲットして満足するヒロインたちが微笑ましい。 結局、好きって言ってもらえて、ずっと一緒にいてくれるならそれでいいんじゃないか、君たち。

 うん、それでいいじゃん。

 原画はもうちょっと頑張ってほしいし、普段からほとんど裸族なのでHシーンでの興奮度がイマイチというマイナスもあるが、ちゃんとハーレムしているので良しとしよう。

 1つだけ、もうちょっと考えてほしかった点が1つだけ。 4人との約束の内容なのだが、たしか

かすみ : 料理が上手くなったらお嫁さんにする。

のばら : ずっといっしょにいる。

ゆり子 : 将来、結婚相手がいなかったら、結婚する。

アイリス : お嫁さんにしてくれる。

である。 これ、のばらは結婚する必要ないし、誰かと結婚すればゆり子の約束は条件を満たさないからいいけど、かすみは料理が美味いという事実がある以上、かすみとアイリスの約束は両立できない。 つまり、必然的にどちらかの約束は反故になるわけで、子供の約束とはいえ、それを信じてきた女の子たちに対して誠実とはいえない。

 かすみとアイリスの約束も両立できるようにしてほしかった。 お嫁さん=入籍、と捉えなければ愛人でも良さそうだし、実際当人はそれで納得しているみたいだけれど、もう少し考えてくれれば、もっと綺麗に収まったのに残念である。


 ところで、高校生になっても一緒にお風呂というのは、気の置けない関係で素晴らしいのだが、考えてみると、「恋する気持ちの花言葉」で、会って1,2週間程度の沙羅先輩と七草、そして単なる同級生だった椿が主人公と一緒に風呂入るって結構すごいことだよ。
 気兼ねなく風呂に入れる男女仲っていうのもいいけれど、付き合いが短い場合は、ものすごい信頼と好意を感じられて素晴らしい。 風呂と同衾はエロスなしで心を満足させてくれる2大巨塔だね。
スポンサーサイト