FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2014-03.31 Mon恋する夏のラストリゾート

Time[22:33] Comment[0] Trackback[0]
 失望した!

 ひときわ輝く夜空の一等星が、天の川の流れに沈むなんてな。 「めちゃ婚」の後に、onomatope*の2作目をプレイした時と同じガッカリ感だ。
 はっきり言って、「彼女と俺と恋人と。」が良かったから、という理由ならばやるだけ損だ。


 共通ルートで目当てのヒロインを追って、個別に入って即セックス、いちゃこらしながら鬱なシリアス展開を経てED、そしてエピローグ。 ザ・凡ゲー。 面白くもなんともない。

 主人公は鬱陶しくて、家庭環境や現在の生活苦から卑屈でネガティブな性格になっている。 それはいいのだが、ことある毎に「俺ってそういう性格だから、こういうことしちゃうんだよな~」と、ミサワっぽい。 それなりに辛い子供時代だったようだが、達観しているというよりは悲劇の主人公を気取っている感満載である。

 実のところ、このウザさは性格というより事細かに書かれるモノローグのせいだ。 読んでて面白いとか、何か重要な情報が含まれているならいいが、うだうだ愚痴々々やってるだけで、全く必要性を感じない。 よほどネガティブさを強調したかったのか、ユーザーを行間の読めないバカだと思っているのか。


 羽海ルートの途中からやる気は全くなくなっていたが、それでも3Pルートを楽しみに頑張った(9割方スキップしたけど)。 ととと。をやってますからね、こっちは。 しかし、満を持して始めた3Pルートはゴミだった。 これはルートじゃなくておまけエッチシーンっていうんじゃねぇの。 というか、3Pつったらさんごと小波は必須だろうが。

 
 メインである綾乃ちゃん以外のヒロインは、綾乃ちゃんとの3P展開しかないという衝撃的な「彼女と俺と恋人と。」。 正妻であるはずの綾乃ちゃんは愛さえあれば何人目だろうが関係ないよね! とばかりに浮気(というか本気)を推奨し、修羅場もなければ外野の妨害も入らず、主人公の部屋にヒロインたちがやってきては仲を深めて帰っていくというフェアリーテイルであった。

 私は、LATTEはこういう方向性でいくブランドなんだと思ってしまった。 それに、本作だって“ふり”とはいえ最初から羽海を彼女としてバイトに臨むから、シナリオの序盤が似てるわけだ。 そりゃ、期待するよ。


 それでも、前作のようでなくとも、埋め合わせるようなものがあれば良かったが、何もなかった。

 本編と同時にアペンドディスクを売るとか、これも分割商法だよね。 だってこれ、ディスク2枚組みで13kですって売ったら誰だって高いと思うでしょう、内容的に。 今時のこと、DLCはまだ理解できるけど、これはない。


 噂の銃騎士のようなことはないと思うけれど、ととと。で得た評価は消滅した。




 これってさぁ、夏のリゾート地でアルバイトしながら女の子と親睦を深めていく、というゲームじゃないんだよね。 舞台はリゾート地だけど開業前で客はおらず、いるのは管理人と料理人とバイトだけ。 仕事は施設の保守だけ。 なんでエロい制服着てるの?

 シナリオ上の必要性というより、主人公以外にはモブでも男を登場させたくないというだけに見える。 たしかに、露出度の高い制服のヒロインたちに対して、リゾート地の軽薄な野郎共が客として存在するのは嬉しくないが、だからといってわざとらしく消してみたところで良くなるわけではない。

 作中、仕事に対する姿勢や意気込みが問題になる場面がいくつかあるけれど、このバイトの設定からして仕事を舐めてるよね。 そんな状況で仕事について語られてもどっちらけですわ。

スポンサーサイト