FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2012-04.30 Monからの

Time[23:20] Comment[0] Trackback[0]
 少し前になるが「恋愛0キロメートル」やっていて、どうしても理解できない台詞があった。 美咲ルートでローションマットを前にしての2人の会話、

   アダルトグッズを前に顔を赤くして固まっている美咲
京一「こんなの使わないよね」
   と、京一が片付けようとするのを真剣な表情の美咲が止めて
美咲「からの?」
京一「いや、『からの』とかないから!」
美咲「か~ら~の~?」

で、結局風呂場でお楽しみになられて色々さっぱりして出てみたら、居間で華が居住まいを正して待っていたという。

 この「からの」という言葉がまったく処理できなかった。 何度読み返しても「か」と「ら」と「の」が並んでいるだけにしか見えず、日本語として捉えることができない。 実はローションプレイに興味津々の美咲が、直接は言えなくて暗にやってみようと提案している場面というのはわかるが、それでも言葉の意味は分からない。
 ゲームの内容を考えると、最近の若手芸人のネタなんじゃないかとあたりはつけてみたが、そこまで調べる気はなくて放置していた。

 これが、最近になって思わぬところから解決した。 秋★枝「的中!青春100%」の中で、女子が無地のプリーツスカートを頭にかぶって広げ、「シャンプーハット!」「からの」正面に向けて広げて「えりまきとかげ!」とやっていた。 なるほど、因果・前後関係を表すあの「から」だったのね。
 その瞬間、「からの」がようやく意味を持って私の中に降誕したのであった。

 意味と使いどころは分かった。 しかし、面白さは分からんなぁ。 考えてみれば、知らない人が初見で笑えないどころか意味すら分からないというのは、それって要するにつまらないってことだよな。

スポンサーサイト