FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2010-11.30 Tueエロ漫画大王

Time[19:21] Comment[0] Trackback[0]
 今月の新刊は

阿部学 「快感原則」
アーセナル 「しすた~ずえっち」
上乃龍也 「モザイク×三姉妹」
猫玄 「お仕えします ご主人さま」
カイシンシ 「恋色ぱられる」
朝木貴行 「ちょいおま!」
みやはらみみかき 「はだいろりーた」
こけこっこ☆こま 「ちるるぷれ」
椋蔵 「ラブトライク」

はいはい、池上竜矢「蜜色の校則違反」はどっかいっちゃいましたね。

阿部学 「快感原則」
 ようやく出た...内容を見るまでもなく、購入できたことに感動してしまうのも困ったものである。薄いけどフルカラー本でレベル高い。が、フルカラー漫画の常としてどの話も8P以下に収まってるので、エロ漫画としては微妙だ。絵がエロくても、尺が短いとどうも。P数普通の漫画は「ファクト&フィクション」くらいしか知らんけど、やっぱカラーで小さくまとめるよりも、モノクロでもちゃんと漫画してて欲しい。

アーセナル 「しすた~ずえっち」
 「あい妹みぃ妹ん」は新しすぎるみたいで収録されていない。「あねといとこのサンドえっち」「1+3=カルテット」が入ってる。やはり読んでいない話が載っている単行本は鮮度が違う。雑誌を読むのも考え物である。ところで「1+3=カルテット」の主人公、嗜好がころころ変わるのはいいけど、ニーソ好きになったからって巨乳の幼馴染(彼女)に「脂肪の塊に興味はないんだ」とか非道過ぎる。ギャグ漫画だからいいけど、木谷椎とかぢだま某あたりだったら殺されそう。

上乃龍也 「モザイク×三姉妹」
 カバー裏でひまわり(三姉妹の次女)が「連載終わって1年半も単行本にならないなんて!」と言って泣いていたけど、もうそんなになるのか。最近は一般漫画の連載を持ってるみたいだが、私ランク上位に位置するエロくて可愛い作家なので、エロスの執筆が滞らないと嬉しいなぁ。三姉妹といえば、西川康の「となりの三姉妹」はどうなったかしらね。

猫玄 「お仕えします ご主人さま」
 発売予定表ではタイトルが「家族のお値段」だったので、見逃すところだった。収録作品のタイトルはその通りなのだが、メイド漫画であることがさっぱり伝わらないから変えたんだろう。実際、予定を見たときには買う気もなく、本屋で見ても「あれ、今月猫玄の新刊あったっけ?」という状態だった。中身を知らない客に対しては、タイトルって大事だ。

みやはらみみかき 「はだいろりーた」
 とらで買ったら「こちら、はだいろりーたの特典スティックポスターになります。」と言われてしまった。そういう店のそういう売り場で買っていてさえ、「はだいろりーた」というタイトルは、読み上げられるといたたまれない恥ずかしさである。しかも、すぐ後ろの客もこの本買ってた。何となく嫌だ。
 子宮が膣から引きずり出されるというのは、構造的に人体破壊としか思えないが、実は可能なんだろうか。陵辱であっても猟奇のつもりはないはずなので、まあ、できることにしておくか。ファンタジー♪

こけこっこ☆こま 「ちるるぷれ」
 セックスは本当にソフトだよねぇ。でもいいの。この人の描くパンツが好きなの。

スポンサーサイト