FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2010-10.31 Sunエロ漫画大王

Time[23:34] Comment[0] Trackback[0]
 やっぱりなぁ。安部学「快感原則」とメメ50「ちょめちょめオトメ」は出なかった。ワニマガジン社の発売予定は信用できん。でも「発情オンナノコ」は出たし、「快感原則」も来月8日に決まったから良しとしておこう。というわけで、今月のエロ漫画。

高城ごーや 「にょう☆どうっ?」
鈴木狂太郎 「魔法教えました!」
たかのゆき 「なかだし・おかわり」
しーらかんす 「ファンキーグラマラス」
七瀬瑞穂 「ILIAS」
おおとりりゅうじ 「Yah!透明人間」
奈塚Q弥 「肉体の悪魔」
東雲太郎 「姉として!」
吉田犬人 「妹彼女」
海星海月 「保健室での淫らな少女の育て方」
URAN 「いちごま~ぶる」
ペイントロボ 「なかだし」
中年 「年刊中年チャンプ 初期作品号」
オガタガタロー 「はにーとらっぷ」
無道叡智 「生えてるワタシとツいてる彼女」
神馬耶樹 「発情オンナノコ」
西安 「自慰支援委員会」
尾崎未来 「The Great Escape 3」

高城ごーや「にょう☆どうっ?」
 メインは中編漫画「飲尿アリス」。外国のお姫様が転校してくるというエロ漫画にはよくある話だが、友好の証としておしっこ飲むとか、膣内放尿が婚約の儀式とか頭おかしいよ。他にも、学校で節水のために生徒のおしっこ集めるとか、頻尿対策におむつしてる女子高生とか、そういう話ばっかり。いや、私も「水月」でマリアの顔騎で失禁されてそのまま全部飲んじゃうとか、そういう始めから意図したわけじゃないけど流れでそうなった的なものは平気だけど、飲尿とか放尿って響かないわぁ。
 じゃあ、なんで買ったのかというと、節水のためにおしっこ集める話で、生徒会長が全校集会でお手本に放尿して見せるシーンがあるんだけど、これがいい羞恥で。スカートが長いから大事なところは見えないんだけど、そこがいい。羞恥プレイは露出と違って、見せないからこそのエロスがある。どちらにせよ、玄人若しくは趣味人向けである。とはいえ、集めた尿はちゃんと浄水器で処理してから使う設定である。全生徒が使うのに未処理だったら駕籠真太郎だよ。

しーらかんす「ファンキーグラマラス」
 発売を知ったとき喜んでいたが、スマン、ホムンクルスと間違えてた。気付いたときには一瞬落胆したが、別にがっかりすることはなかった。48手のトレーディングフィギュアを企画したけどインパクトが足りない→そうだ、実践が足りない!(「48の必殺技」)とか面白エロかったしな。
 基本的に年上で大学以上だけど、大人の女って感じじゃなくて可愛いお姉さん達である。タイトルも表紙もビッピっぽいけど、そのつもりで買うとむしろ裏切られる。そういう層は少ないと思うので、デザインとタイトル間違ってるんじゃないか、これ。

おおとりりゅうじ「Yah! 透明人間」
 この設定とこのタイトルで、誰がかの名作「Oh!透明人間」を想起しないだろうか。帯には『あの「透明人間」がエロ漫画で大解禁! 着替え中の同級生、授業中の女教師、部活中の女子生徒―Oh!次は誰だ!?』とあって、「透明人間」と「Oh!」だけ文字色が違う。分かってやってる、故意犯である。
 そのうちじっくり読むつもりなので、内容の良し悪しは不明。

東雲太郎「姉として!」
 ドラマCDを必要としないことは以前言ったとおりなのだが、本屋で改めてみると本が随分と薄っぺらかった。フルカラー本である紫色雁行「アキバ君の愛人ハーレム」でもこれより厚いぞ(カラーPが増えればP数は減るのが道理である)。という薄さだったので、単体で出るのか不安になって買ってしまった。思惑に乗せられてしまったかもなぁ。

吉田犬人「妹彼女」
 前の本が姉ばっかりだったので、どっちもいける口なのか宗旨替えでもしたのか。その辺は分からないが、1冊の単行本に異なる嗜好が混在していないのはいいことだ。エロ嗜好の多様性と組み合わせの複雑さは万華鏡の如くだし、異なる嗜好同士が親和するのか許容されるのか、敬遠されるのか拒絶されるのかも、これまた法則性なしに千差万別だから、最低限大枠でまとめるべきだろう。姉と妹、陵辱と甘ラブ、少女と熟女などは反発し易いところだからな。

 来月は当然、安部学。メメ50も出るといいんだが。こけこっこ☆こまの久々新刊が出るのも楽しみだね。
スポンサーサイト