FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2010-06.30 Wed夢と現

Time[23:03] Comment[0] Trackback[0]
 仕事を午前中で切り上げて、午後は帰宅。風呂に入ってさっぱりしたら、冷房の効いた部屋で昼寝をする。心身ともに休まる時間だ。何か夢を見ていたはずだが、思い出せない。ただ、はっきりと分かるのは、そこで私は休日の真っ只中だったということだ。少なくとも、明日は休みだった。

 しかし、起きれば現実が待っている。夕飯に呼ばれて目が覚めて、今日が水曜日であることを思い出したときの切なさと、明日が木曜日であることの悲しみに、いっそ夢なんて見なければいいのにと思う。

 もしくは、ずっと夢の中というのがいい。覚めない夢とまではいかなくても、寝るたびに続きを見られると見甲斐がある。
スポンサーサイト