FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2010-03.26 Fri新年度の憂鬱

Time[20:14] Comment[0] Trackback[0]
 異動の内示が出て、行った先での座席表なども回り、後は4月1日を待つばかりとなった。新年度からの仕事を考えると気が滅入る。といっても、今までと仕事が変わるわけではないし、異動先は予定通り(注:希望通り、ではない)なのだが、大きく違う点が一つ。人員が3割減になる。そして、これは去年既に終わったことではあるが、給料は下がっているし、さらに今年もボーナスは減少の一途だ。どれも今になって決まったことでもないから改めてがっかりすることもないのだが、実際に決まるとやはり違うものだ。

 人件費というのは費用であって利益から捻出するものではないのだから、相応の額を用意した上で、事業を運営できるかどうか考えるべきものだと思うのだが、生憎現実はそうなっておらず、他の全てを決めた後に残った金を恵んでいただくというようなことになっている。
 もっとも、「相応の額」が一体幾らなのかは難しい問題である。ただ言えるのは、私が満足しているか聞かれたら、するわけねぇだろ。
 
スポンサーサイト