FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2010-03.05 Fri今昔物語

Time[23:56] Comment[0] Trackback[0]
 を、今読んでいる。岩波文庫版で現代語訳ではないが、意外に読みやすい。大学時代に岩波の古事記を開いたら、全部漢字(漢字を表音文字として50音に当てているわけだ)で何がなんだか分からなかったが、平仮名と意味のある漢字で書いてあればなんとかなるのかもしれない。

 読むまでは全く知らなかったが、今昔物語の構成は、インド、中国、日本の3国について、それぞれ仏法話と世俗話
が収録されている。仏法なんて、仏だのお経だのがありがたいという話ばかりでつまらないと思っていたが、読んでみると、それだけというわけではなかった。現存する寺院の縁起みたいな話が多く、それに、現代でいうところの仏教とはちょっと違って、坊さんが仙術やらをを色々使ったりするので、かなり現世利益なファンタジーである。

 とはいうものの、やっぱりお経を読んだり仏像造ったりしてありがたやありがたや、というのが大本にあるのはいかんともし難い。さくっと飛ばして、世俗話を読もうと考えるけれど、前から順番に読みたいんだよな。性分だね。
スポンサーサイト