FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2010-02.28 Sunとにかく悪夢

Time[23:17] Comment[0] Trackback[0]
 一昨日は、既に持っている銘柄の株価が、時間外取引だとかなり安かったので、1万株くらい指値をした。すると、1円で取引が成立したので喜んでいたら、なぜか変えたのは千株だけで、残りの9千株の指値が高い金額に変わっていた。つまり、1回千株しか買えず、残りがより高い指値注文に置き換わるのである。しかも、取り消し不可。
 これはまずい。1円で買えると思ったから注文したのであって、この調子で最後まで買い切ったら代金を払えない。計算すると、最終的には何百万か必要であった。これは確実に吹っ飛ぶ、というか支払いに困る。どうしよう。
 という夢だった。起きてみると株価の動き(時間内と時間外で水準自体が違う)とか、金額の計算とかおかしいのだが、とにかく冷汗三斗だった。

 昨日は、大学で単位が足りないのに、講義に出席できなかったり試験が全く分からなくて途方に暮れる、という感じの夢だ。

 株は実際持ってるけど現物だから最悪でもゼロにしかならないし、大学はすでに卒業している。置き換えたり象徴になったりするような他の問題もないので、意味が分からない。もっとも、夢に意味を求めることが間違っているのかもしれないが、現実とリンクさせないにしても面白い内容ではない。
 共通点は「焦り」だろうか。年が明けてから2ヶ月経つのに何もしていないという事態に焦りを感じているのかもしれない。でも、今更といえば今更だしなぁ。
スポンサーサイト