FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2009-05.31 Sun

Time[00:00] Comment[0] Trackback[0]
 昼頃、鴉が騒いでいたので外を見ると、ヒヨドリは変らず巣にいた。が、その後電線や近くの木にとまっているのを見て、再度巣を見るといなくなっていた。そして、卵が見当たらない。
 カラスにやられたのだろうか。気になって巣の様子を見に行ったが、地面に卵は落ちていなかった。産んだ卵を巣から運び出すというのは聞いたことがないので、どうも良くないことが起こったようである。ヒヨドリが2匹、暫くその辺でピーピーいいながら飛んでいたが、やがてどこかに行ってしまった。
 雛が生まれれば、窓から目と鼻の先で子育ての様子を見られたりするんだろうかと、すこし楽しみにしていたので残念だ。というか、意外とショックだ。カラスにはカラスの事情があるとはいえ、ここはヒヨドリに肩入れしたくなる。
 このまま巣は廃棄されるのか、それともまたここで頑張るのか。行く末が気になるところだ。
スポンサーサイト