FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2005-10.31 MonFate/hollow ataraxia

Time[00:00] Comment[0] Trackback[0]
 【Fate/hollow ataraxia】を終了。最初は素直に楽しんでおりました。それはそうだろう。何と言っても【Fate/stay night】は最初から最後まで戦いの日々。わずかな日常も、それはささやかなものだった。それが、ランサーは港で釣りしてるわ、キャスターは新妻やってるわ、ライダーは普通に生活しているわ、セイバーは…あまり変わらないが、皆が揃って日常を謳歌しているのだから。設定が設定だけに、全キャラ揃って、というのはありえなかったから、それだけでも充分すぎるほどだ。
 けれど、やはり最初から分かっていることもあった。繰り返す4日間とは、すなわち偽りの世界であろうと。聖杯と共に消えるはずのサーヴァントが現界している状況からして異常なのだ。このゲームが終わるためにはループから抜け出さなければならないが、それは必然的にある結末をもたらすことになる。夕日に輝くセイヴァーを見るのは、なかなかに辛いものであった。
 と思っていたんだけれど、結局予想は裏切られたことになるのだろう。いや、私から見ると、本編が裏切っているのであって、ファンディスクは期待通りというべきか。「【歌月十夜】と同じだ」と言っておきながら、終わるまで気付かなかったは迂闊という他ないだろう。そう、かの月姫ファンディスクも、終わってみればなんてことはないのであった。全キャラ揃っていたし、一番危うい存在のレンもちゃんといたではないか。同じということは、どこまで行っても同じということなのだ。サーヴァント達はちゃんといるし、バゼットもカレンも存在する。
 ああ、これだよ欲しいのは。いつまでも変わらぬ日々というものに、満足できるのか、価値が見出せるのか、それは分からない。しかし、いつまでも変わらず楽しい日々が続くことに一体何の不満があろうか。
スポンサーサイト