FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2004-03.31 Wed

Time[00:00] Comment[0] Trackback[0]
 いつのまにやら3月が終わってしまいます。所謂年度末というやつですな。
 ところで、六本木ヒルズの回転ドアの事故は見ていると面白いのだが、それはさておき、そんなに大した事故なんだろうか。この一年で30件強の事故があったというが、年に数千、数万単位でしか利用者がいないとなると多いと思うけれど、多分二桁は多いだろう。300万人中30人が事故に遭うのは多いでしょうか。
 例えば、最寄り駅を朝から晩まで観察していれば、階段で転ぶ人間は十人単位でいるはずで、骨折などする人もたまにはいるだろう。さすがにそうそう死にはしないだろうが、回転ドアにおける事故は特別なことではない。その辺の普通のドアを観察しても、多分顔から突っ込む人は少なくないはず。勢い余ってとか、ちょっと振り向いた拍子に、というのはよくあることだ。
 大体、街中で子供から手を離すという行為が、親として自覚に欠ける行為である。最近は似たような話しは多いが、自分で何も気をつけなくても、周りが危険なことを排除してくれる、なんて考えは通らないはずだ。回転ドア、しかも自動で回っているところで、どういう危険があり得るかなんていうのは、普通に生活していれば無意識に感じて注意するものだ。それができないというのは、人間として社会に生きる能力が低いと言える。
 そういう観点から物を考えないと、世の中どんどん悪くなっていきますよ。危険は排除するものではなく、回避するものだ。
スポンサーサイト