FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2003-06.30 Monエロゲチェック

Time[00:00] Comment[0] Trackback[0]
 ちょっと調べ物があって、初めて大学図書館の書庫に足を踏み入れる。これがもう、人生始って以来の現実世界に対する感動であった(虚構でよければ、聖剣伝説2のOPの美麗さにはしびれた)。
 光の届かない部屋、右を見ても左を見ても天井まで(と言っても2m程度だが)届く書架、ゆっくりと歩いていくと自動的に灯る明かり、全体に漂う本の香り、並ぶ背表紙から立ち上る知識と文化の匂い。
 いやもう、見たこともない本がずらりと並ぶのは本当に圧巻。何しろ大蔵経の色々な版が揃っているのを見ても、さすが大学図書館といったところか。入学から5年半にして初めて、東大に入ってよかったと思った。
 今日はP天が手に入ったので少々。
 「らいむいろ雀奇譚」の広告が出てきたけれど、タイトルだけじゃなく副題も文字って「乙女、先ヅモス」って、チョンボやで。で、今度は広告を見て初めて知ったが、「水夏」のコンシューマ版逆移植ですか。「TH」と「こみパ」がやってくれたけど、サーカスがやるとLeaf以上に切羽詰った感があるよな。「Infantaria」のリメイクもアレだし、「すくみず」もきっついしなぁ。極め付けに「ぽぽたんDVD」。そりゃ、出るときは期待したけどね。今更DVDで出してどうするの。
 記事の方を見ると、やはり「天使のいない12月」は前の方で取り上げられている。声が入るし気になるところでもあるが、内容がリアルにえぐい方向性なので、到底プレイに耐えないことが予想される。
 「リアライズ」の記事は初めて見たのだが・・・これが水無月の絵なんだろうか。確かに「痕リニューアル」とは同じだが、あの可愛い初音ちゃんにはもう会えないのだなぁ。つーか言っていいのかなぁ・・・私にはこの水無月絵は聖少女に似てきたような気がしてならないのだが。
 「ドキドキお姉さん」には失望していたのだが、いざ画面を見てみると”乳のでかい「妹汁」”。立ち絵を見ると普通なんだが、この人たち着痩せしすぎ。
 そういや結構期待していた「Magister Temple」だが、OHPで公開された立ち絵を見てショック。何でしょう、この頭身バランスは。イベントCGでは普通に見えるのに、立ちCGでは≪頭だけ別レイヤー、ただしサイズは80%に縮小して結合≫みたいな。
 とりあえず大学の講義室でP天読む自分に乾杯。だって誰もいないしねぇ。人前では「知との対話」を呼んでいるから大丈夫。原書欲しいな。
スポンサーサイト