FC2ブログ

一生涯5,000万円生活

2017-03.20 Monらぶらぶシスターズ ~花嫁&姉妹達とのドキドキハーレム生活~

Time[21:33] Comment[0] Trackback[0]
 ここの作品は毎回々々ほんと失望させてくれるよな。 それでも懲りずに手を出す私も大概だけどさ。

 タイトルにハーレムと入っているけど、こういう内容でハーレムを名乗ってほしくない。 そりゃメインヒロインと結婚しつつ、その姉妹とエッチしてもドロドロの展開になったりしないけど、本当にそれだけなんだ。 普段は自宅で嫁とセックスして、たまに愛人宅ヘ出掛けるような感じ。

 作品の設定としては、全員1つ屋根の下に暮らしているけれど、各ヒロインのシナリオはそれぞれ別個に組み上げられていて、お互いに関わりが薄い。 本来のハーレムというのはこういうものかもしれないが、エンターテインメントとしてのハーレムでは、ヒロイン同士の交流がもっと欲しいものである。 こう、好きな人を共有している者同士が一緒に生活していると、どう接するのかというところがね。

 ヒロイン全員が姉妹で、名字が違って、各界の天才児であるというぶっ飛んだ設定にしておきながら、エロゲとしては大人しいことこの上ない平凡な内容。 浮気OKだしコメディ調ではあるが、常識的な範疇を出ず、率直に言って面白みがない。

 こんなの、ドキドキもしなければハーレムでもないと思うね。 
スポンサーサイト



  

2017-03.17 Friお兄ちゃん、キッスの準備はまだですか? エッチの準備もまだですか?

Time[21:52] Comment[0] Trackback[0]
 日常的にちゅっちゅしてるという兄妹を描いた前作は素晴らしい作品だった。 あくまで兄妹のスキンシップであって、キスが性的な意味を持たないというのも良いところで、性的興奮とは違った満足感を味わうことが出来た。

 そして、続編だかFDだかである本作だが、蛇足としかいいようのないものだ。

 前作ハーレムルートの続きで、スタート地点で姉妹全員とH済みという点を除けば、後の構成はほぼ同じ。 率直に言って、新作ではなくリメイクといったほうがしっくりくる程だ。 やることは相変わらずで、4人のヒロインと関係を持っているメリットがない。 そもそも最初からシリーズを謳っていないなら1作で完結しているはずで、それを続けちゃったら、前作が不完全だったか今作か蛇足になるかのどちらかでしかないのは必然である。

 前作では魅惑的だった妹とのキスも2回目では既に陳腐化してしまっていてる。 そもそもセックスする間柄なので、日常的なキスなんてどうってことなく、あくまでキスに拘るなら 「KISS×200」 シリーズくらい頑張ってくれないと物足りない。
 もしくは、若い男女が1つ屋根の下なのだから、もうちょっと欲望を暴走させてみるとか。 タイトルも「エッチの準備はまだですか」となっているのだから、エッチなことを従来のキス並みに日常的にするようになってしまうというのも面白いだろう。

 Hシーンのチョイスも個別メインなのは不満が残る。 ヒロイン4人なら3Pで6通りの組み合わせがあるわけで、それぞれの性格や関係性を考えると十分特色あるシーンを描くことができるはずだ。 が、結局長女次女、三女四女の組み合わせしかなく、後は4人全員になってしまう。 どれも前作で見た組み合わせだ。

 型にはまった無難な出来上がりといえなくもないが、わざわざ同じキャラで新作を作るのであれば、それをやるだけの理由というか魅力というものを、新たに見せてもらいたいものだ。
  

2016-12.25 Sun炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園

Time[21:36] Comment[0] Trackback[0]
 久方ぶりにプレイしたエロゲがこちら。 艦これがなくても、エロ漫画に傾いていたわけだが、やはり孕ませシリーズは強いのだ。


 ただまあ、シリーズというだけで評価はできない。 率直に言っていまいちだった。


 助けた黒猫に、お礼に願いを叶えてくれると言われて 「どんな女の子でもすぐに仲良くなれたらいいなぁ」とか言ってるけど、この主人公、美人でブラコンの姉と美少女幼馴染が4人いるからね。 プリティロシアっ娘(ミーシャではない)とはキスする仲だし、先輩にも後輩にもセクハラを笑顔で許してくれるくらいに気に入られている。 エロアプリ必要ないじゃん。

 むしろ、エロアプリのせいで全体的に淡白な仕上がりになっているように思う。 このシリーズの主人公とヒロインたちは、基本的には最初からおっぱい触ったりパンツ見たりしても全然オッケーな親しさではあるが、やはりセックスするにはそれなりの手順を踏む必要がある。 女の子だからね。 そして、気になる男の子が色んな女の子と仲良くしているので、ヒロイン間でもそれぞれ思うところがある。 女の子だもんね。
 同級生やパイドルでは、そういう日常レベルのやりとりも楽しめたものだが、本作ではセックスするのに必要なのは、スマホの画面をタップすることだけ。 ある意味ヒロインとのコミュニケーションを否定している。 これだけセックスに対してゆるゆるな世界観なのに、さらにワンタッチで事に及べるほどの手軽さが必要なのかしら。

 May-be softの「Sixth Nine」や、SQUEEZなら「もしもこんなショッピングモールがあったら! いきます☆」に近い感じ。 Hシーン集という感じがする。

 萌えゲーとか純愛ゲーといわれる作品のような、まどろっこしい手続きは必要ないけれど、女の子と和姦するなら口説く手間は惜しんじゃダメだ。 まあ、そういう点では身体測定も、保健医だからという思考停止があるんだけれど。

 
  

2016-12.05 Monモン娘をペットにできる国~エルフ娘 ミーミア~

Time[21:22] Comment[0] Trackback[0]
 「魔界洞ルル・ファレア」のぎゃらくしぃ☆うぉーず新作。 といっても、これはそれほどゲーム性はなくて、エルフ少女ミーミアといちゃこらするだけ。

 ミニゲームでお金を稼いでアイテムを購入することで、ミーミアと仲良くなるためのコマンドが開放されていく。 まあ、よくあるシステムだが、私はもっぱらミニゲームのインベーダーゲームにはまっていた。 だったら最初からインベーダーゲームやってろよって話なんだが、そこはそれ、家に帰ると可愛い女の子がお出迎えしてくれるのが嬉しかったりするんだ。

 最初、ぱっとタイトルを見たときには、「GALZOOアイランド」みたいに色んな女の子が登場する作品を想像したけど、副題のとおり登場モン娘は1人だけ。 というか、エルフってモン娘なのか? とも思う。

 濃度が違うとはいえ、ルル・ファレアの方が女の子は多くてゲーム性もあって安いので、私としては本作よりもルル・ファレアをお勧めする。
  

2016-08.15 Mon初代露出系魔法少女ルナリィ☆リリィ

Time[21:26] Comment[0] Trackback[0]
2年前に出た「露出系魔法少女 ラブリィ☆リリィ」の続編。 時系列的には前日譚。

 このサークルやvalssuの作品に触れて、そろそろ理解し始めたのだが、ジャンルとしての「露出」趣味の人は、全裸を好むのが一般的なんだな。 個人的には、露出系魔法少女にはパンツを穿いてて欲しいのだけど、全裸にベビードールが魔法服である。 そういや、魔法の鍵の小説も下着つけてないなぁ。

 内容は簡単で、恥ずかしい格好をした魔法少女が、恥ずかしさをエネルギーにしてリビドーという敵を倒していくというもの。 システムは前作から大幅に変わって、ゲームっぽくなっている。 街で露出行為などをしてSエネルギーを貯め、それを消費してステータスアップや魔法を習得し、敵と戦う。
 戦闘に負けると、リビドーの性癖に合わせたプレイを強要され、場合によっては犯されることもあるが、代わりにSエネルギーは貰えるので、強くなって再戦できる。 手っ取り早くHシーンを見たければ、自爆コマンドもあるのでお手軽だ。

 このゲーム部分は、それ自体を楽しめるほどのゲーム性はないものの、邪魔というほど面倒でもないので、良いとも悪いとも言い難い。 まあ、ないのが一番手っ取り早いとは思うが。

 Hシーンの方は毎度のやつ。 Sエネルギー集めでは、男湯に入ったりマイクロビキニでプールへ行ったりするのがエロくていい。 精液採取とかは、露出や羞恥という観点からはちょっとやり過ぎかな。 ちなみにヒロインは元子役なのだが、それもあって魔法少女として(えぐい服装で)テレビに出たり、IV撮影をしたりするのもまあ悪く無い。

 リビドー相手に敗北した場合は直接的にエロいことをされるので、あまり作品の趣旨とは合っていないようにも思える。 そもそもがほぼ全裸で戦っているわけだから、そこから衆人環視の中でエロいことされても、今更露出も羞恥もないだろうというね。 だからエロくないというわけではないから別にいいんだけど。

 Hシーン数31で1400円弱なら、嗜好が合えばお買い得でしょう。 システム面で弱いこと、特に改ページ時の音声継続がないのは何とかして欲しいんだけど、既存の開発ツールでやってるのだろうから、仕方ないか。